のがみ農場便り

2013年03月

ガンバリマス。

41歳の誕生日を迎えました。

去年、チャレンジと宣言して有言実行、ほとんどしました。

トライアスロンにも出た。

散々な思いもたくさんしました。

北アルプスの雪山で滑落して死にかけました。


ゆっくりしたい気持ちもそりゃあるけれど、

今はそうでないタイミング。


この時のために、体力つけてきたと思えば。

前には進んでいるのはわかっている。


しかし、代謝がいい分、飲み食いの量が増えている。

危ないです。


金曜日は健康診断。


そういえば、検便の容器無くしたんだった。


しまった。



土曜日はぴらモールで美味維新です。



娘がケーキを作ってくれました。


写真を見てから思いだした。



最近、一定量を超えて我が家で飲むと、


決まって記憶がありません。



危ないなあ。



イチゴを吸い込んだのは憶えているよ。


ありがとう。



みんなのおかげです。



15






さすがの集団です。

今回のウインナー体験参加者は学校給食を手掛ける方々。

食についてはかなり関心が高い。

00


















しかも、皆さん、手さばきがいい。

さすがのメンバーでした。

09

16

























終わってからも環境学習棟に寄ってもらって、豚について色々話をさせていただいた。

学校給食はスゴイ人たちで支えられているんだと思いましたね。

給食、食べたくなりました。

新築祝い

ホンモノノ食研究会のメンバーである池上さんの新築お祝い。

料理もおいしいものがズラリ。


西ひろみさんが

楽しそうな時間をとってもよく伝えてくれています。


ブログがこちら
http://blog.livedoor.jp/hiromispecial2/


とても素敵な時間を過ごせました。

食べ過ぎ、飲み過ぎて最高!


13

包丁を吟味するようになるとは。

美味維新にむけて、そろそろ新しい包丁が欲しくなってきた。

だんだん切れなくなることも理由の一つだが、

骨付きの場合はいろんな角度からの切り込みが必要なので、包丁もバリエーションが必要であることが、

ようやく、分かってきた。

下見でも、買うつもりで眺めていると面白い。


肉を切る時のイメージ。

ナイフの刃渡り、重量、ハンドリング、

手にとって見させてもらったが、どれも特徴がある。


今まで文化包丁さえ、どうでもよかったのに。


いい包丁は千円札では買えません。


ただ、来た人が楽しんでくれるような空間を作れるように、

包丁も、格好いい方がさまになる。


さて、ギリギリで手を出せそうなモノに狙いをつけた。

切れすぎて、本番で怪我をしないようにしないと。

54

11

52

薩摩鶏品評会が開催

天然記念物である薩摩鶏品評会の中央支部。


鹿児島市の東開グランドで開催されました。

天候が悪い日が多いのですがこの日は快晴。

出品者も今年は増えたようでした。

30













本業がエサ屋さんであるので(最近みなさんにそう思われていないみたいですが)、

ノガミ産業賞として、カップと賞状、副賞として飼料「薩摩美鶏」を協賛させていただいています。


07














今年も素晴らしい薩摩鶏がズラリ。

私にはどれも甲乙つけられないほどの完成度です。





19

57

23

03
href="http://livedoor.blogimg.jp/kokoyoka-nogami/imgs/8/a/8ab74b79.jpg" title="46" target="_blank">46


46

34

49

34

















来週は霧島支部、そして24日は天保山公園で鹿児島県保存会の品評会です。

興味のある方は是非足を運んでください。

ギャラリー
  • コラボ黒豚
  • コラボ黒豚
  • 元気良すぎ
  • 元気良すぎ
  • 元気良すぎ
  • 元気良すぎ
  • 元気良すぎ
  • 学生が丹精込めました。
  • 生でもたべられるなんて
記事検索