のがみ農場便り

2013年06月

たまには、豚。

写真撮ってみました。

ちょっと訳ありで、2日間まるまる農場に居ることになったので、

暇な時間に。

25

12

30

53

ゴミ拾いで懇親会


かごしま市商工会青年部の清掃活動。

前回はグリーンバードの皆さんと天文館周辺のゴミ拾いでしたが、

今回の団体は、「ヴォルカ鹿児島」。

サッカーです。

ユニフォームに青年部の文字も入っていることから、この度ご縁があったようです。

興味が無いわけではないけど、名前しか知らなくって、大変失礼しました。

http://volca-kagoshima.jp/

前半戦1位での折り返し。

昇格目指して是非頑張ってください。

仕事とサッカー。

鹿児島の人は半分も居ないらしい。

仕事は斡旋されるのだそうだ。

仕事のとらえ方が違って新鮮でした。

懇親会では選手と青年部員が均等に混ざって懇親を深めました。

みんなファンになりましたよ。

試合を見に行きたいと思います。


17


商工会青年部清掃活動 ヴォルカ

1人の怖さ。気持ちはわかるんだけど、

飼料販売先の農家さんから連絡。

脳出血をしてしまって入院している。


母豚が約50頭。

朝から晩まで1人で一生懸命されている人である。

ただ、1人が故に手が届いていないであろう箇所も結構ある。


医師の外出許可はおりない。


奥さんが急場しのぎをしているらしいが、そりゃわけわかんないです。


案の定、心配事の一つにぶち当たった。


「エサが無い。」


無くなるのではなくて、気付いたら飼料のタンクにはエサが入っていないのだ。


慌てて病院から電話が来るものの、明日のオーダーでは、もう、土日が来てしまう。


何とか、あるエサで何とかしなくてはいけない。


自社便で走れるか?しかし、別のオーダーでつまっている。


生き物相手は、こういう時が最悪だ。


電話の向こうで、そりゃ大変!大変!どうしよう!なんて不安な気持ちがどんどん伝わってくる。


明日はうちも農場の作業が決まっていたんだが、


優先順位を変えざるを得ない。


せめて明日だけでも、手伝いしてきます。


営業だけの時と違うので、本来は他所の農場の作業に入るべきではない。


営業の延長でいく場合はそれなりの準備やあとのことを考えた行動をとることができる。


しかし、状況が悪いのでので、仕方が無い。


着た服装はそこで全部焼いてもらおう。


お互いのためですから。


とにかく、体は大丈夫だったんだから、


早く、良くなりますように。


逸る気持ちは気持ちはわかるけど。




これこそ自己満足。

ペット栄養管理士の更新案内が来ました。


「ペット栄養管理士」。


いつ?使うの?


取得した時は、ちゃんと理由があったのですが。


更新する?


更新、します。


理由は、


勿体ないから。


ちゃんと、猛勉強しましたよ。


実は、この試験、


東京大学で受けました。


赤門通って。


この時、


下痢ピーで大変だったのを思い出した。


まあ、要は自己満足です。


ペットも、人間と一緒です。


成人病予防が肝心です。


ストレスも強敵です。



ただ、ひとつ、言えることは、


豚では使える資格ではありません。



誰か、使ってくれる?



24


誇り。

長女が弁論大会に出ました。

日曜参観日はその発表会でしたが、グリーンファームで予定があり、夜にビデオにて。


題目は「いのちをいただく」。


勿体ないものを大事にしようということのようだ。

その効果はその週からの給食の残食につながったらしい。


内容は、ほとんど自分の話題だ。

自分らの幼いころは、養豚という職業を言うのは、正直負い目を感じていた。

今になっても全くそうだとは言いいたくないし、逆手にやってやろうという思いで取り組んでいる。


自分は、食育について、自分の立場で進んで押し付けようとするのは違うと思っている。

そののち、そういうことか、と思ってくれる程度でいいと思っている。

むしろ、自分の役割としては、養豚を面白おかしく伝えられればいい。


まさか、娘がこの職業をまっすぐ伝えようとするとは、予想外でしたね。

嬉しいというより、こっ恥ずかしい。



「おとうさん、ブタくさ~い」

で、いいのだが。


今度、学校に行きづらいじゃないか。


09





ギャラリー
  • コラボ黒豚
  • コラボ黒豚
  • 元気良すぎ
  • 元気良すぎ
  • 元気良すぎ
  • 元気良すぎ
  • 元気良すぎ
  • 学生が丹精込めました。
  • 生でもたべられるなんて
記事検索