今日は月末。

朝から伝票チェック、預金口座付けこみ、集金、棚卸しとイベントが目白押しです。

最近はインターネットバンキングのおかげで一回一回銀行へ行く手間も省けて集金件数も大幅に減った。

しかしどうしても現金集金じゃないと気がすまない人も。

農家さんの豚を仲介して販売したりもするのだが、間違ってはいけないと今月より別口座を作った。が、このおかげで嫁はさらに忙しくなってしまった。

インターネットバンクの口座指定をしていなかっただけにこれは別に銀行付けこみへ。確認して事務所へ戻り計算書作ってまた銀行行って農家さんに振り込み。今日月末なのでこの作業が終わるのに午前中を使ってしまった。

本当は明日の約束だったが、月末で支払いに充てたいらしい。

自分も生産者であり、ちっぽけながらも経営者。とってもこの気持ちがわかるので、合わせてあげないと。

一台出荷すると100万円以上になる。

見た目すごいと感じるかもしれませんがこれでは農家は儲かっていない。

一頭の売り上げの約6割は飼料代、それから衛生費、労務費、電気光熱費、雑費、償却などを入れていくと実際はほとんど残らないのが現状だ。

キャッシュフローだけは上手くやっていけるようにみんな日々努力している。

少しずつみんなが喜べる材料や話題が提供できるように努めます。

通帳に入っていく、入金が、わざとらしく、引き落とされていく。

貯まったまんまにならないの?